健診の準備を代行して行う企業の特徴

企業の経営者が抱える問題の一つに従業員の健康があります。従業員の健康はダイレクトに日々の業務に影響がでてしまいます。会社が大きくなれば、従業員数が増えます。その分一人ひとりの健康状態の確認も難しくなります。そのため日頃から健康を管理する健康診断や人間ドックは重要な役割をもっています。しかし、健康診断や人間ドックを行うのもまた労力や手間が必要です。まず、健康診断を受けるためには医療機関に連絡するなど様々な手間があり、そのデータを管理・入力するためにも人材を確保する必要があります。そんな時には健診代行サービスを利用するのがおすすめです。代行サービスはプロに依頼することで業務をスムーズに行うことができます。様々な企業が健診代行サービスを行っており、企業毎に特徴も様々です。

健診代行サービスの主な内容と特徴

企業の経営者の負担を軽くしてくれる健診代行サービスですが、具体的にはどのようなサービスなのでしょうか。企業毎に様々な特徴がありますが、基本的には「健康診断の予約」「医療機関との調整」「結果表の入力」「精算の代行」が主な内容です。ほとんどの代行サービスが専用サイト上で健診の予約ができるようになっています。そのため対象者が自分のスケジュールに合わせて専用サイトから好きなときに予約することができるので非常に便利です。担当者が日程を管理する手間が省けます。そして企業にもよりますが、複数の医療機関と提携しており対象者の自宅の近くの医療機関が選べるので受診率の向上にも繋がります。また、一人ひとりの状況がサイト上で一括データ管理できるので把握も簡単です。そしてアフターフォローもしっかりしたサービスが多く、健診結果に関する相談窓口や健康指導、二次検査の受診管理も可能です。

健診代行サービスを選ぶポイント

健診代行サービスは適切な健康診断により対象者、企業も守ることができ、そしてコストダウンすることも可能です。様々なメリットがある代行サービスですが、企業毎にサービスも様々でどうやって選ぶのが良いのでしょうか。その選び方のポイントを紹介します。まず健康管理業務の要望、悩みは企業それぞれです。そのため「カスタマイズの幅が広い」サービスを選ぶことでそれぞれのニーズに合わせた無駄のないサービスを選ぶことができます。健診の受診率を上げるためには対象者が行ける範囲の医療機関が必要です。「最適な医療機関を選定してくれる」代行サービスでなくてはいけません。医療機関の自由度の高さはとても重要です。そして代行サービスを利用するからには費用を抑えたい、個人情報の扱いなど企業の要望や悩みをきちんと理解し、最適な提案を行える「企業毎にニーズをくみ取って提案できる」代行サービスを選ぶことが大切です。

医療機関ごとに異なる健診結果の判定を統一化、受診から平均約30日でご希望のデータ様式にて納品が可能です! 多様化する企業における健康管理の課題を解決いたします。 健康情報サイト『+Wellness』でお得なキャンペーンを実施中です。 データ管理人数(ID)数に応じたクラウド利用料です。 疲労蓄積度チェック・ストレスチェックも標準装備しています。 健診の代行はウェルネス・コミュニケーションズにご相談ください