より高く携帯を買取ってもらうためのコツ

新機種が毎年のように続々と登場しているため、携帯の買取に対する利用者が増えてきています。特に近年では格安SIMのサービスが注目度を増していることから、中古のスマートフォンに対する需要が高くなっている状態です。使わなくなったスマートフォンやガラケーを持っているなら、売ることのできるショップに早速持ち込んでみましょう。意外なほど高く売れるチャンスがあります。単純にショップに持ち込めば取引できるものの、ちょっとしたコツを掴むことによって、さらに高く売ることができるようにもなっています。欲しいと考えている人が理想とする中古品であることが基本です。意外と忘れがちな部分に注意するだけでも高く売れるようになるのが、スマートフォンやガラケーの魅力です。

古くなる前に早く売ってしまうこと!

ポイントとなるのが、製造日です。家電製品の中古品は製造日からおおよそ5年くらいまでが売れる基準だとされています。最新のものに比べて性能が大きく劣ることや、経年劣化で壊れやすくなるリスクを持っているのが理由です。携帯の買取においても同じ仕組みになっていますが、スマートフォンやガラケーの場合には他の家電製品よりも性能アップのスピードがとても速いため、2~3年前のものに対する需要が大幅に下がってしまう部分を持っています。高く売りたいなら、出来る限り製造日からまだ経過日数が少ない機種を持ち込む努力をしてください。購入した当時は高級な機種であっても、まだ新しさが残っているうちに手放すようにしましょう。早く売るほど高値で取引できるようになり、お得感が高まります。

クリーニングをすれば印象が良くなる

ホコリまみれや手垢がたくさんついているスマートフォンやガラケーを、欲しいと考える人はまずいません。携帯を買取ってもらう際には、汚れを丁寧に取り除いてから持ち込んでください。綺麗な状態であれば査定スタッフの印象が良くなり、高く売れるチャンスが巡ってきます。汚れは完全に取り除けば良いというものではなく、素人では取り除きにくい汚れも存在します。軽く拭いても落とせない汚れなら、そのまま持ち込んだほうが無難です。無理に落とそうとして傷がついてしまうと、価格が下がる危険があるからです。スマートフォンやガラケーの本体にデコレーションをする人がいますが、売ることを考えるならデコレーションはやめたほうがよいでしょう。跡が残ったり、取り外せない場合には高く売れなくなってしまいます。

Powered by: Wordpress