仕事量を減らせる健診代行サービス

一般的に会社員になると、定期的に健康診断に行かなければなりません。会社ごとに指定された医療機関があり、そこまで行って採血検査やバリウム検査などを受け、健康状態が良好か確認をします。健診の結果も後日通知され、内容によってはアフターフォローのアドバイスや引き続きの医療機関への診察を勧められます。最近では、年齢に応じて人間ドックやがん検診も実施されるようになり、定期健診の内容も複雑化してきています。働いている人にとってはありがたい制度ではありますが、会社側にとっては、手間がかかり負担になっているのも事実です。そんな定期健診に関する業務を一括で代行してくれるサービスが増えてきており、利用する企業も多くなってきています。そんな健診の代行サービスの選び方について紹介します。

健診代行サービスの内容と選び方

健診の代行サービスは、その内容も様々なので、企業によって求めているものに対して応えてくれるところを選ぶのが重要です。全国的に展開している企業にとっては、まず定期健診を行ってもらえる医療機関を探し出す作業に手間がかかってしまいます。そんな医療機関との連携をスムーズに確保してもらえるのも代行サービスの魅力的なポイントです。また、従業員ひとりひとりの年齢や性別、希望に合わせて健診内容を提示し、一元管理できるのも代行サービスの強みです。最近では、ストレスチェックなどのメンタルヘルスに特化した健診の代行サービスを行っているところも増えてきています。また、女性従業員のための乳がん検診といったものに対応しているサービスもあるので、どのような健診が必要なのかよく検討する必要があります。

希望するサービス内容を考えた上で健診代行を活用しよう

医療機関の確保から、定期健診の案内業務、健診後のアフターフォローや管理まで、まとめて代行してもらうことによって、企業としては、健康管理に関わる業務の負担がなくなり、安心して本来行うべき業務に専念することができます。また、従業員が健やかに過ごすことができることによって、企業としても離職率の低下につなげることもできます。ですので、健診の代行サービスを利用することを希望する企業が増えてきており、結果的に代行サービスを行う会社も増えてきています。一方で、必要としないサービスまで盛り込まれた形で提供されてしまったり、イメージしていた管理方法と異なるサービスだったりする事態も発生する場合があるので、実際に健診代行のサービスに対して、希望する内容を明確にした上で選ぶ必要があります。