代行を使って簡単に企業の健診準備

健診の代行サービスには、業者によって様々なサービス内容があります。代表的なものには、健診の予約、医療機関との健診契約、未受診者への受診催促、受診結果のデータ化、必要に応じての保健指導、労働基準監督署への報告の簡素化、受診料金の精算代行などがあります。従業員の健診に関わる業務を企業が直接行うには、かなりの労力が必要になります。また、従業員にとっても業務の合間をぬっての受診となるのでスムーズに終わらせたいでしょうし、個人的なデータは適切に取り扱ってもらいたいし、有効に活用もしたいという思いがあります。これらの理由から、健診の代行サービスを利用することは企業側、従業員側の双方にメリットがあり、専門業者のノウハウを活用することで、健診そのものの意義を高めることにつながるのです。

健診の代行サービスを選ぶ際のポイントは

健診の代行サービスを選ぶ際には、そのサービス内容を詳細に知ることが不可欠です。「健診の予約」業務一つとっても、企業が従業員の希望を集約し、代行業者がそれをもとに予約のみ行う場合もあれば、WEB上での予約システムを採用し、従業員が個人的に自分の仕事の都合に合わせて受診予約を行える方法をとる業者もあります。予約業務以外にもすべての代行業務にこのような差異はあるので、サービス業者を選ぶ際には十分に説明を受け、手厚いサポートを提供している業者を選ぶことが大切です。また、予算に応じて、サービスの削減や追加に柔軟に対応してくれるかどうかもポイントになります、さらに、従業員個人の健診結果は重要な個人情報になるので、守秘義務は守られて当然ですし、データを扱うものとしてのセキュリティ面での対応も気にかけて選ぶことも求められます。

健診の代行サービスをうまく活用した際のメリットについて

健診の代行サービスをうまく活用することには、従業員の健康管理を行う企業側にとっても受診する従業員側にとってもたくさんのメリットがあります。企業側のメリットとしては、未受診者がリストアップされるので、受診の促進が容易になる、労働基準監督署への報告がシステムを利用し容易にできる、受診費用の精算を代行してもらえる、従業員ごとに受診先の医療機関との調整を行う必要がない等があげられます。一方の従業員側のメリットとしては、自分のスケジュールに合わせて予約できる、WEB上で簡単に受診券が発行できる等があげられますが、何よりも、過去の健診結果が確認できるので、数年前の健診結果と現在の結果の比較が容易になり、結果的に自身の健康状態に関心を持つことにつながることが一番のメリットであると言えるでしょう。このように、健診の代行サービスの活用は、単に雑務を代行するだけでなく、多くのメリットを生み出すことなのです。