健診の準備全てを一括代行してもらうメリット

健診代行とは、組織向けに、健診の予約や精算、健診結果の回収まで、健診に関わるすべての業務を一括代行するサービスです。また、それだけにとどまらず、健診結果のデータ集約や分析をすることで健康増進施策に役立てるサポートもしてくれます。代行サービスにお願いするメリットとしては、統一の問診票を利用することで毎年同様の問診を受けることができため、生活習慣の経年変化や傾向をとらえ、対策をとることができます。また、全受診者の健診結果を同一の判定区分でみることができるので健康指導、受診推奨を的確に行えます。そして二次健診の受診管理をすることができ、重症化抑制支援もできます。組織ごと健診コースを設定できたり、代行業者側からおすすめのコースを紹介することもできます。また、全国統一の料金での提案も可能です。電話での申し込みも可能ですが、24時間いつでもWEB予約が可能な代行業者もあります。

健診の代行サービスを選ぶ際のポイント

健診代行サービスを選ぶ際のポイントとして、3つのことがあげられます。まず一つ目は、カスタマイズの幅が広いということです。ひとつとして同じ企業がないように、企業が抱える健康管理業務における悩みや要望もそれぞれ異なります。よって、画一的なサービス内容の場合はニーズにかみ合わないところができてしまい、無駄が発生しがちです。カスタマイズの幅が広いところを選ぶことをおすすめします。2つ目は、最適な医療機関を選定しているということです。健康診断・管理業務で重要になってくるのは選定する医療機関でしょう。しかし、健康診断・管理業務のアウトソース機関は医療機関と強いつながりをもつところも多く、そのため企業側にとっては最適な選択がされていないことも珍しくありません。より最適なサービスを受けるためにも、企業側にたって医療機関を選定してくれる、医療機関を自由に選べるようなところを選びたいものです。

健診代行サービスを選ぶ際のポイントの続きと注意点

3つ目は、ニーズをくみとって提案してくれるということです。健康診断・管理業務のアウトソート機関はただの代行業者であってはならないように思います。その企業が抱える悩みや課題を解決するために最適な提案を行うのが、健康診断や管理業務などアウトソース機関と言えるでしょう。もしアウトソーシング先を決める必要がある場合は、企業ごとにニーズも異なるのでその部分をくみ取ってくれるかどうかみてみましょう。サイトでしらべると一括で見積もりを行ってくれるサイトがあります。そこでは、優良会社の見極め方を教えてくれたり、企業ごとに要望にあった会社を探してくれるのです。また、健診代行業者の評判も調べてくれます。これをすべて無料で行ってくれるのはありがたいですね。また、費用からだけでなく、要望や評判からも絞ってくれるところがよいですね。