新型のスマートフォンや携帯が次々に発売され、新しい機種に買い替えられた方も多いのではないでしょうか。そこで気になるのが買い替えで手元に残った古い端末です。今までは持ち帰って保管したり、ショップで廃棄をして貰う事が多かったのですが、実は古い端末でも意外とお金になるのです。最近はテレビでもよく格安SIMのCMが流れたり、ニュースで報道されましたが総務省の規制から格安SIMは急激に普及を始め、その影響で中古端末市場は拡大傾向にあります。実際に大手家電量販店や全国規模のレンタル店、リサイクルチェーン店では中古の端末と格安SIMがセットで販売されています。少し前の機種でも中古市場での価値は十分に有りますので、買い取りに出す時の手順をまとめてみました。

携帯を初期化して準備をしましょう。

携帯を買取に出す前に必ず初期化をしなければいけません。初期化をしてしまうと端末に入っていたデータが消えてしまうので事前にバックアップを必ず取って下さい。バックアップを取り終えたら取り扱い説明書の指示に従って初期化を実行します。個人情報が入ったままや暗証番号・ロックの解除ができない端末は買い取りを拒否される場合がありますので必ず初期化を行う必要があります。また初期化が出来る端末は基本動作に関して不具合は無いと判断をする事ができます。初期化が終了すると端末に入っているSIMカードやSDカードは取り出して下さい。この作業が終われば端末をキレイにクリーニングしましよう。100円ショップでも売られているクリーニングクロス(メガネ拭き)を使えばキレイになります。埃が詰まっている所には爪楊枝も有効ですが、強く使って折ったりキズを付けないようにして下さい。これで買い取りに出す準備ができました。

いよいよ買取りに出してみましょう。

準備が出来れば買い取りを行っている業者さんを探します。インターネットの検索で中古端末の買い取りを行っている業者さんを探し、ホームページを見ると詳細も含めて大体の買い取り相場が分かるのですが、調べるのにあまり時間を取られたくない方や、顔を合わせない宅配買い取りが心配な方は、お近くの大手家電量販店や全国規模のリサイクルチェーン店に持ち込みで査定を依頼するのが良い方法です。大手チェーン店の場合、ほとんどの所で宅配での買い取りをしており、買い取り価格はあらかじめホームページに掲載されていますので、同じチェーンの店であれば全国どこでも同じ価格での買い取りになります。(掲載されている買い取り価格は状態の良い物の価格なのでご注意下さい。)このようなお店が近くにある場合は、直接店頭に持ち込むとその場で査定をしてもらえます。店舗に持ち込みの場合、査定価格に納得ができればその場で現金を受け取れるのが魅力です。しかも、宅配のように送料が掛からないのでお得と言えます。このように古い端末でも臨時収入になりますので、ぜひ買い取りに出してみて下さい。