ここ数年の間で随分と、機種変更や解約により不要になった携帯を買取するサービスが充実してきています。以前なら思い出のためにと、使わなくなった端末を手元に保管しておく人も多かったでしょう。ところが最近はスマホの普及もありデータの移動やバックアップが容易になったため、使わない端末は売ってしまおうとする人の方が増えてきているという背景があります。とはいえ実際に手放す際には、何も考えずに売ってしまえばいいわけではありません。携帯の買取サービスを利用するのであれば、いくつかの注意点を頭に入れておく必要があります。一歩間違うと思いもよらぬトラブルや被害に見舞われる可能性がありますので、これを機に確認しておきましょう。それさえ守れていれば、安心してこうしたサービスを受けることができます。

端末の初期化は絶対にやっておきましょう

まず基本的なことからになりますが、端末本体の初期化は必ずやっておかなければなりません。これを怠ると、個人情報の流出や見られたくない写真などを見られるリスクが生まれます。初期化の方法は端末ごとの設定から簡単にできますし、分からなければインターネットで検索もできますので調べてみてください。更に意外と忘れがちになるのが、SIMカードやSDカードの存在です。これは日頃端末と一体化していて意識の中からなくなっていることも考えられますから、抜き忘れてしまう場合も結構あります。SIMカードは電池パックに隠れた場所にあるのが一般的ですから、見落とさぬよう注意をしてください。初期化というのは、つまりは購入時の状態に戻すということです。自分の手から離れた端末が再び誰かの手に渡ることを想像して、重要な作業なのだとしっかり認識しておきましょう。

売るために必要な作業を事前に行っておきましょう

携帯の買取サービスを受けるには、必ずその端末の持ち主が売りに行かなければなりません。子どもの端末を親が代わりにということもできませんから、注意が必要です。そこに加えて、本人だと証明できる身分証を準備しておきましょう。インターネット上のサービスでも、メールへの添付などで保険証や運転免許証の撮影を求められます。この作業は必ずやらなければなりませんので、提示不可能な人は売るのを諦めるしかありません。手放す端末の充電も忘れないようにしましょう。業者が動作確認をするために操作しますので、しばらく動かせるだけの充電も必須となります。パスワードやロックを掛けていれば、それも解除しておいてください。スムーズな査定への助けにもなります。やらなければならないことは多いですが、ちゃんと取り組むことで自分のためにもなるのだと知っておいてください。